宣伝に効果的なのぼり旗

TOP

ラーメン屋

オリジナル

効果

数え方

のぼりの役割現在のぼり旗を扱っているお店では、一枚二枚と数えて
売っているところがほとんどですが、正式な数え方としては
古くは一旒と書いていちりゅうと数えていました。

 

旒という字は、訓読みではふきながしと読むことから、
のぼりに付いていた風にたなびく飾りの短冊状の布や
風になびく旗自体を表しています。

 

平安時代の頃から丈の長い流れ旗で軍を誇示したり、
戦国時代には敵陣と味方の区別をするためにも
のぼり旗は使用されていました。


一瞬にして敵か味方かを判別するぐらい目立つものですので、
現在の広告としての役割りは大きいものです。

 

知識を身につける旒の字をふきながしと読むことから考えると、鯉のぼりに
ふきながしが付いているのも納得ができます。

 

鯉のぼりも正式には一旒と数えます。
現在は文化財などで使用されているのぼり旗の数え方は
一流れと書いてひとながれと読みます。

 

のぼり旗は竿に通して使用することから一竿と書いて
ひとさおでも間違いではありません。

 

このように、身近なのぼりでも、案外知らないこともあるものです。
より多くの知識が身につくことで、のぼり旗への認識は
さらに深まるのではないでしょうか。


即日 ラフ画 印刷方法 考える イラストレーター 手書き 裏抜け
集客 活気 数え方 オリジナル 差別化 サイトマップ

Copyright (C) All Rights Reserved.